ラクイラの地震
昨日の朝、事務所で最初にパソコンを開けて、最初に目に飛び込んできたのがイタリア中部地震のニュースでした。 え?大きな地震?ローマは?。。と驚いて、色々なニュースを検索しているうちに、アブルッツォのラクイラが震源地であることがわかりました。 アブルッツォといえば、4年前に視察で訪れた地。 あのとき訪れた町は?現地の人たちは?と心配しているうちにみるみる被害が拡大していくニュースがはいってきます。

a0077294_1381698.jpg
 

【ラクイラ(伊中部アブルッツォ州)=松浦一樹】ANSA通信などによると、6日未明にイタリア中部アブルッツォ州を直撃した地震で、震源地であるラクイラ周辺の死者は150人を超えた。

 行方不明者はなお約250人いると見られ、犠牲者はさらに増える恐れもある。

 同州では同日夕から、強い雨が降り始め、大型クレーン車やブルドーザーなどによるがれきの撤去作業や、捜索が難航。午後6時半(日本時間7日午前1時半)ごろには強い余震があり、住民はなお、ぐらつく地面におびえている。

 しかし、ラクイラでは、全壊した学生寮から、生き埋めになっていた6人の学生が救助されるなど、朗報も流れている。がれきの中、2歳の女児をかばうようにして死亡していた母親の遺体も見つかった。女児は無事保護された。

 地震の影響で住居を失った住民は約7万人と伝えられ、地元サッカースタジアムなど5か所の避難所は、行き場のない住民多数が不安な一夜を過ごしている。自家用車で域外に避難する家族連れも多い。

(2009年4月7日11時51分 読売新聞)


a0077294_13134379.jpg


アブルッツォは観光地としてあまり知られていない州ですが、歴史の古い町が多く、海や山に囲まれた地形から、自然もキレイで、食事やワインも独特な美味しいものが多くあるところです。

今回の地震ではラクイラから近い首都ローマの市内でもかなりの揺れを感じたとの連絡が現地から入ってきましたが、特に街の機能に影響はでていないようです。 

アブルッツォからの連絡はまだありません。 とにかく生き埋めの方は早く救われるよう、行方不明者は早く見つかるよう、あと現地の知人が無事であるように祈っています。 

道路閉鎖をしている箇所があるようですから、交通機関の運航にもかなりの乱れが予想されます。 特別必要のない方は暫しこの地方へのご旅行を延期されて、現地情報を収集なさるようお勧めします。

【追記~2009-04-08 18:38】
イタリア政府観光局のサイトにて現時点での情報が発表されました。↓
イタリア政府観光局のイタリア中部地震情報のページへはこちらからどうぞ!
[PR]
by viaggi | 2009-04-07 13:22 | 現地最新情報(22)
<< フラサッシ鍾乳洞@マルケ州 イタリアの冬グルメ! >>