ヨーロッパ内空港での航空保安強化
今現在EUに加盟している国25カ国(イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、イタリア、スペイン、ハンガリー、チェコ、フィンランド、デンマーク、スウェーデン、アイルランド、ベルギー、オーストリア、スロベニア、スロバキア、ポルトガル、ポーランド、マルタ、ルクセンブルク、リトアニア、ラトビア、ギリシャ、エストニア、キプロス)と EU加盟国以外でスイス、ノルウェー、アイスランドからの全ての出発便について、昨日11月6日より機内持込の手荷物、液体類への制限が課されることになりました。 

まず1容器あたり100ミリリットルを越える液体物、ジェル、エアゾール類を機内に持ち込むことはできません。
100ミリリットル以上の飲料品、クリーム・ローション・オイル類、香水、スプレー、シャンプー類、シェービングフォーム、防臭剤などのエアゾール類、歯磨き粉などの練り状物、半固形状物などは全て受託手荷物として、スーツケースのなかへ入れてお預けください。

日本出発時、保安検査場を過ぎた後のエリアで購入された場合でも機内持ち込みはできません。
例外として機内で必要分のベビーフード、処方薬のみは持ち込むことができます。

1容器あたり100ミリリットル以下の液体類は個数に関わらず機内持ち込み可能ですが、保安検査、及び搭乗の際に、容量が1リットル以下のり小さい透明な密閉式のビニール袋(ジップロック状)1枚に入れ、機内持込手荷物とは別に検査を受ける必要があります。
a0077294_14593855.jpg


機内持込のお荷物は液体類を含めて必要最小限に留めておくことをお薦めいたします。

またこの規制制限に伴い、空港での手荷物検査に長く時間が掛かります。 搭乗口へ向われる際や飛行機のお乗り継ぎには充分時間をとって移動なさってください。 

現地出発時のみならず、日本からお出かけの際にも、EU内での乗りつぎがある場合には、乗り継ぎ時にこの制限が適用されますので、ご注意ください。

また新しい情報がありましたら、追ってお知らせ申し上げます。
詳しくはご搭乗になられる航空会社、手配をご依頼された旅行会社へお訊ねください。
by viaggi | 2006-11-07 14:36 | 現地最新情報(22)
<< 第1回ピッツァ・オリンピック開催! ロレートの聖なる家 >>