ヴェネツィア発着のクルーズ船
南イタリアへ視察に出かけてプーリア州、州都のバーリに立ち寄った際、丁度港にコスタクルーズの船が着くことが分かったので、なかを見学させてもらいました。
a0077294_15394824.jpg

この『コスタ・ヴィクトリア号』、大きさは75,000トン。 間近でみるとかなり大きいです。
クルーズのスケジュールは毎週月曜日の夕方ヴェネツィア出港、バーリ、それからギリシアのカタコロン、サントリーニ、ロードス、ミコノスを周って、帰り道にクロアチアのドブロブニックに立ち寄ってヴェネツィアに戻るまで7泊8日の船旅です。 今年は11月20日までほぼ毎週出港予定です。
a0077294_1540266.jpg

中に入ると吹き抜けのロビー。 広々しています。
a0077294_15403111.jpg

案内の方が来るのを待つあいだ、カプチーノをだしてくれました。 カワイイです。
a0077294_1540447.jpg

各階毎にオペラの題目の名前がつけられていました。 此処はバタフライ階。
a0077294_1541639.jpg

お部屋の大きさはカテゴリーによって様々ありますが、思ったより広めです。 バルコニー付きのお部屋も多くあります。
a0077294_15412188.jpg

全カテゴリーのお部屋にトイレとシャワー室がついています。
a0077294_15413757.jpg

バーリの港。 この日はお昼にバーリに到着、乗船客は殆ど色々な場所を訪れる小旅行へ出かけてゆきました。 夕方6時出港まで、結構ゆっくりプーリア州の見どころを楽しめそうです。 
a0077294_15425524.jpg

この他スパやプール、毎日エンターテイメントが繰り広げられる劇場、ブッフェレストラン、正式なディナーの味わえるレストラン、お土産物やさんなどがあります。
料金もクルーズとしては安価ですし、あまりドレスコードも厳しく無さそうなので、気軽に楽しめると思います。   
クルーズを含めたイタリアへの旅のご相談はぜひこちらまでどうぞ。


  
[PR]
by viaggi | 2006-08-08 16:05
<< アクイレイアの教会床モザイク シチリア、サレーミのパン祭 >>