アレーナ・ディ・ヴェローナ・オペラフェスティバル
本日明日の東京特別公演に先立ち、昨日イタリア文化会館にて、今年のオペラフェスティバルについてのセミナーが開催されました。 
a0077294_1756236.jpg

駐日イタリア大使もご臨席されるなか、アレーナ・ディ・ヴェローナ財団総裁フランチェスコ・ジロンディーニ氏から今年の見どころなど説明がありました。
a0077294_1843190.jpg

今年で第88回目を迎える、夏のオペラフェスティバルにはフィレンツェ出身のゼッフィレッリ氏を演出舞台の総監督として迎えての48公演が予定されています。 三大テノールとして有名なプラシド・ドミンゴが指揮するトゥーランドット(7月16日、30日、8月20日公演分のみ)や豪華キャストを迎えての公演となるイル・トロヴァトーレが一押しですよ。 まだ各カテゴリーの座席に空きがございますので、今年はぜひ夏のヴェローナへおいでください。
a0077294_2091172.jpg
©Arena di Verona

公演情報、チケット予約については公式サイト http://www.arena.it/ にてご確認いただけます。 各公演のキャストは来週中くらいに決定の予定となっており、決定順にサイト上でも発表されるそうです。

ヴェローナあるいは周辺の宿泊ホテル、移動交通機関の手配も承っております。 夏のオペラフェスティバルをめぐる旅のご相談はぜひ、こちらからどうぞ!
[PR]
# by viaggi | 2010-02-13 18:18 | オペラ・コンサート(6)
ピッツァ・マルゲリータ誕生120周年!
今や超有名店になってしまったナポリのピッツェリア「ブランディ」に行ってきました。 非常にナポリらしい通りにあります。
a0077294_20122124.jpg

少し来ないうちにちょっとキレイになったかな。
a0077294_2013980.jpg

何と言っても今年はピッツァ・マルゲリータ誕生120周年記念ですから。 「1889年、ピッツァ・マルゲリータ、ここに生まれる」記念タブレットも100周年のときに作られたものが壁にかかってます。 確か先月中頃このタブレットの前で盛大にお祝いをしているニュースをみました。
a0077294_20134316.jpg

さて、この「ブランディ」のマルゲリータはこんな感じです。
a0077294_20155356.jpg

ちょっと値上がりしましたが、テイクアウェイもできる気軽なピッツェリアです。 せっかくナポリに行ったら、ここで一度は食べなくっちゃね。 ナポリの町でピッツァの味比べツアーも楽しいですよ~。 南イタリアたべあるきの旅のご相談はぜひ、こちらからどうぞ♪
[PR]
# by viaggi | 2009-07-23 20:19 | お勧め料理・レストラン(7)
フェスタ・デッラ・ピッツァ2009参加報告!
南イタリア、サレルノ市にて開催された、Festa della Pizza Mediterranea 2009 に参加してきました。
今年の会期は少し早目の7月、9日~19日。 日本チーム用に窯のあるスタンドを貸してもらいました。
a0077294_20565980.jpg

サレルノ市内や近郊のピッツェリアが一堂に集まって、スタンドを開きます。
a0077294_20583688.jpg

大盛況のGiapponeスタンド。 多い時には4人の売り子さんに手伝ってもらいました。
a0077294_20591591.jpg

最終の土曜日、マイケルジャクソン追悼コンサートがありました。 凄い人出です。
a0077294_20595370.jpg

周りのピッツァ職人ともピッツァの作り方の交流などもあって楽しい参加になりました。
今回のフェスタに視察に来ていた別のイベント主催者から、日本スタンドのピッツァが想像を超えた美味しさだったので、ぜひ来月20日から、もっと南にあるペスツム近郊にて開催されるピッツァ・フェスタにぜひ参加してほしいとのお誘いがありました。
ぜひと思われる方がいらっしゃいましたら、こちらからお問い合わせくださいませ。 参加していただけるPizzaiola, Pizzaiolo(ピッツェリア勤務、薪窯経験者)を募集しておりまーす!
[PR]
# by viaggi | 2009-07-22 21:05 | お祭り・イベント(14)
イタリア新世界遺産にドロミティ認定!
上野の国立西洋美術館の世界遺産登録が却下された記憶も新しいところですが、イタリアでは自然遺産として、ドロミティ(DOLOMITI) 山群が登録されました。 これでイタリア(ヴァチカン、サンマリノを除く)の世界遺産は44。 世界で一番世界遺産登録が多い国なんですね。

ドロミティはヴェネト州、州都のヴェネツィアからまっすぐ170~180キロほど北上したところに、ドロミティの中心の町コルティーナ・ダンペッツォの町があります。 高速道路も通じていますが、途中から山道にもなりますので、片道車で約3時間近くかかります。 独特の形をなす切り立った岩山と合間にひろがる湖、可愛らしい村などの景色の美しさは必見ですよー。 夏はハイキング、冬はスキーのメッカとなりますが、春や秋も景色のキレイさは変わらず、人混みもなく、ホテルも比較的安価で、ノンビリするにはお勧めの時期です。

a0077294_14184869.jpg


ドロミティ山塊の総面積は4500㎡と広く、100あまりのスキー場がある広い地域ですので、日程をゆったりととってお出かけになることをお勧めします。 山岳地域なので、お料理は若干塩辛目ながら、地元産のチーズを使ったお料理やサラミなど、食の楽しさもありますよ。 各レストランなどで作っている自家製果実酒もとても美味しかった記憶があります。

夏休み時期や冬のスキーシーズンなどはお早めに現地の手配をなさることをお勧めします。

イタリア政府観光局さんのサイトには各地の情報が詳しく載っていますので、ぜひご覧くださいね。

新世界遺産、ドロミティを巡る旅のご相談はぜひこちらからどうぞ。
[PR]
# by viaggi | 2009-07-10 14:37 | 世界遺産(4)
たまねぎ農家でパイ作り体験
エミリアロマーニァ州にある玉ねぎとラベンダー農家さんの見学に行ってきました。
a0077294_16433292.jpg

最近多い宿泊施設も持っている農家さん、アグリトゥリズモ。 お部屋数は7、8室と少ないながら、清潔感があるお部屋です。
a0077294_16445563.jpg

訪れた目的はパイ作り体験。
a0077294_16452720.jpg

早速オーナー夫人の説明を聞きながら、パイ作り開始。
a0077294_1646123.jpg

それぞれ思い思いにパイを成形しました。 フィリングはもちろんここで採れたたまねぎです。
a0077294_16465422.jpg

ちょうどお昼時だったので、焼き上がるまで前菜を食べながら待ちます。 ここで作られている野菜ジャムを焼きたてパンに載せていただきます。
a0077294_1648490.jpg

やきあがり~! 自分で作ったかと思うと、やけに美味しく感じるのはなぜでしょうね。
a0077294_16482551.jpg

自家製のラベンダーで作られたグラッパやクラッカー、クッキーなどもお土産として売られていました。 美味しかったのでみんなで購入。
a0077294_16495556.jpg
a0077294_1650922.jpg

楽しいパイ作り体験でした。 またラベンダーの咲くころに訪れたいと思います。
a0077294_16511195.jpg

州都ボローニァから日帰り訪問も可能ですが、ここでゆっくりお泊りもお勧めですよー。 

エミリアロマーニァ州の食を訪ねる旅のご相談はぜひこちらからどうぞ♪
[PR]
# by viaggi | 2009-07-09 16:54 | 料理講習案内(6)
イタリア・ストライキ情報 
航空会社は明日7月9日、鉄道は今週末7月11日~12日に、ストライキが予定されて
おります。 予定時間帯は下記のとおりですが、変更になることがありますので、飛行機、電車をご利用の方は現地にて最新ニュースを入手なさってください。

7月9日(木)
ユーロフライ(EUROFLY) 航空  
パイロットのストライキ  予定時間:午後12時~16時の間の4時間

メリディアナ(MERIDIANA)航空 
パイロットのストライキ  予定時間:4時間(時間帯不明)
客室乗務員のストライキ 予定時間:終日24時間


7月11日(土)~12日(日) イタリア鉄道(FS)
11日21時から翌12日(日)21時までの24時間にストライキを予定しております。


ストライキが実施される場合には、飛行機や列車が運休になったり、空港の航空会社カウンターや、イタリア鉄道の駅の案内業務が滞る可能性があります。

上記の期間にイタリアへご到着またはご出発、イタリア国内でのご移動を予定されていらっしゃる方はどうぞお気を付け下さい。

(2009年7月8日11:37現在~状況は変わることもあります。)
[PR]
# by viaggi | 2009-07-08 11:37 | 現地最新情報(22)
ピッツァ・フェスティバル開催!
明後日7月9日から19日まで、南イタリア、カンパーニァ州、サレルノ近郊のパルコ・デル・メルカテッロにて、ピッツァ・フェスティバルが開催されます。 

a0077294_22265355.jpg
 

我日本チームは少人数ながら、13日~19日の間、ピッツァスタンドにて頑張りますので、皆様応援のほどをヨロシクお願いします! 今年は3年振りの参加になりますが、前回のようにたくさんお客さんが来てくれるといいなー。

a0077294_22282658.jpg
 

ナポリやサレルノのお近くにお住まいの方、旅行中近くをお通りになられる方はぜひお立ち寄りください!

Festa della Pizza Mediterranea 2009 の情報はこちらのサイトからどうぞ。↓
http://www.festadellapizza.it/
(ようやく毎日の出演アーティストの名前も決まりました。)

イタリアピッツァづくしの旅のご用命はぜひこちらからどうぞ~。
[PR]
# by viaggi | 2009-07-07 22:31 | お祭り・イベント(14)
ローマ、ヴァチカン近くのホテル
ローマでお勧めの「アトランテ・スター・ホテル」をご紹介します。 ヴァチカンのサンピエトロから歩いて5~6分のところにある4つ星クラスホテルです。 
a0077294_15395630.jpg

ホテルの内装の一例です。 
a0077294_15404221.jpg

トリプル部屋として、ダブルベットのほか、ソファーベットも使えるお部屋もあります。(手前の黄色いソファーがシングルベットになってます。)
a0077294_1541412.jpg

バスタブ、ハンドシャワー付きのお部屋もありますので、ご予約の際に確認なさってください。
a0077294_15422589.jpg

安心なのは日本人スタッフ、福地麻美さんが居るところ。 ウェルカムチョコレートと一緒に日本語のお手紙も付いてます。 内勤事務のお仕事をしていますが、日本人のお客様が宿泊のときにはもちろんアシストしてくれます。
a0077294_15453396.jpg

ホテルからでた通りの向こうにはサンタアンジェロ城が見えます。
a0077294_15463758.jpg

その前の橋を渡ってテベレ川の向こうにでると、コンドッティ通りなどのある商業地区へは徒歩圏内です。 お天気の良い時には楽しいお散歩コースですよ。
a0077294_1547408.jpg

ホテルでの朝食は最上階のレストランで。 
a0077294_15482098.jpg

このレストランからの眺めはちょっとユニークです。 ヴァチカンのクーポラの眺めが最高の御馳走ですね。 夕暮れ時のディナーもお勧めです。(要予約)
a0077294_15492490.jpg
 
個人予約のお客様はローマ・フィウミチーノ空港~ホテルまでの片道送迎(片道は無料)も付いていて、到着時の不安もありません。 初めて個人旅行でローマを訪れる方にはぜひお勧めします。

ご予約、お問い合わせは直接ホテルへどうぞ!
ホテルのオフィッシャルサイト ATLANTE STAR HOTEL 
あるいはこちらからリクエストをお寄せください。 福地さんへのお取次ぎをいたします。
[PR]
# by viaggi | 2009-07-06 16:06 | ホテル・宿泊施設(11)
マルケ名物、オリーヴェ・アスコラーナ
マルケ州に行ったとき、必ず前菜の一品としてでてくる揚げ物。 揚げ物好きのワタシとしてはとても嬉しいところですけれど、結構揚げ物好きの州とみました。 なかでも必ずと言っていいほど登場するのが、この後ろにある丸いもの、「オリーヴェ・アスコラーナ」です。
a0077294_124111.jpg

マルケ名産の大きなオリーブの実にお肉やハムなんかを詰め込んでころもをつけて揚げたものです。 割るとこんな感じ。 オリーブ栽培で有名なアスコリ・ピチェーノの名物ですが、今や州どこでも、あるいは他州でもおつまみとして出てくるほどの認知度です。
a0077294_1265482.jpg

今回珍しく白身魚ヴァージョンも食べました。 あっさりしていてお魚も美味しいですよ。
a0077294_1273978.jpg

マルケにいらしたら、ぜひ味わってみましょう。 アスコリ・ピチェーノでは、アスコラーナ作りを習うこともできます。 本場で自作のアスコラーナを食べるのも楽しいかもしれませんね。

州名物のお料理を味わったり、習ったりするイタリア旅の計画のご相談はぜひこちらへ♪
[PR]
# by viaggi | 2009-07-03 12:10 | お勧め料理・レストラン(7)
フラサッシ鍾乳洞@マルケ州
マルケ州視察の途中、アンコーナからしばらく内陸に行ったところ(約70キロ)にある「フラサッシ鍾乳洞」を訪れました。
a0077294_1916093.jpg

鍾乳洞の入り口までしばらく続く通路の脇をみると、高い岩山がそびえてます。 スゴイ山間に来ちゃったなー。
a0077294_19182511.jpg

正直言って、こんなところまで鍾乳洞を見に来なくても、日本にもあるわよ。。と思っていた気持ちは中に入ってみて一変! すごい規模に感動です。 
a0077294_19192951.jpg

通常は撮影禁止のところ、フラッシュなしでならと特別許可をもらって、写真を撮りましたので、お見せします。
a0077294_19203252.jpg

長い通路のなか、次々に現れる不思議なかたちの鍾乳洞に驚きつつ、進みます。
a0077294_19222059.jpg

短いコースで1時間ほど。 ちょっと歩き疲れますが、変化のあるライトアップの巧さと鍾乳洞のキレイさに飽きることはありません。
a0077294_19231343.jpg

外よりかなり涼しい鍾乳洞のなかはこれからの季節お勧めかも。 別世界を楽しめます。 もしマルケ州まで足を延ばされるご予定のある方はぜひ訪れてみてください♪ 

ちょっと面白いイタリア旅の計画のご相談はぜひこちらからどうぞ!
[PR]
# by viaggi | 2009-07-02 19:25 | 視察・見学(15)