カテゴリ:視察・見学(15)( 16 )
アンドーリアでブッラータチーズ生産者訪問
先日プーリア州に行く機会がありましたので、一度行ってみたかったブッラータチーズの生産地アンドーリアを訪れました。 
a0077294_18442997.jpg

製造場は衛生上の問題があり、なかには入ることができません。 遠めでブッラータが出来ていくのを眺めるばかりです。
a0077294_1845245.jpg

急に作っていたオジサンができたてほやほやのブッラータを持ってきてくれました。 おいしそう!
a0077294_18455857.jpg

工場と同じ建物の上階には昔のチーズ作りの器具などのミニ博物館があったり、
a0077294_18464731.jpg

複数人数で予め申し込みをしておくと、ブッラータをはじめとしたプーリア産チーズのティスティングやブッラータ作り体験なども楽しめます。
a0077294_1849957.jpg

バーリからも車で45分から1時間ほどで行くことができます。 食材訪問や周辺観光なども含めた周遊旅の手配も可能ですので、プーリア州の旅の計画の際にはどうぞお気軽にこちらからお問い合わせくださいませ♪
[PR]
by viaggi | 2014-12-20 18:51 | 視察・見学(15)
オルネライア・ワイナリー見学
先月ワイナリー巡りツアーの際、ボルゲリのスーパートスカン生産者のひとつ、テヌータ・オルネライアを訪ねました。
a0077294_18301464.jpg

流石有名ワイナリーだけあって、見学設備も整っています。
a0077294_18311172.jpg


a0077294_18321711.jpg

ちょうど青々としたブドウの葉が生い茂る時期で、緑がキレイです。 そろそろ小さな緑の実も付きだしていました。
a0077294_18325793.jpg

見学の後はティスティング。 3種類のワインと、
a0077294_18335288.jpg

このワイナリーに来なければ飲めないワインの味見もさせてもらいました。 その年によってよくできたブドウから作られる生産担当者こだわりの逸品だそうです。
a0077294_18362262.jpg

今回ボルゲリではサッシカイアにもちょっと立ち寄り、モンタルチーノ、モンテプルチアーノ、キアンティの生産者を周る旅でしたが、ワインのよく分からないワタシでも香りや味の違いがわかり楽しい10日間になりました。 一つの州をテーマを決めてゆったり周る旅はお勧めですよ。 ご計画の際にはぜひこちらからご相談ください。 お問い合わせお待ちしております♪
[PR]
by viaggi | 2013-08-12 18:42 | 視察・見学(15)
ムジェッロ地方でチーズティスティング
フィレンツェの北30キロ、ムジェッロ地方にある酪農家を訪れました。 
a0077294_1195694.jpg

チーズの熟成庫を見学させてもらった後は、お楽しみのティスティングです。 その時々で内容は変わるようですが、このときは10種類のチーズを次々と食べさせていただきました。 チーズの種類もいろいろ、食べ方もいろいろでとても楽しいティスティングです。
a0077294_1205693.jpg

ちょうど生まれたばかりの子牛ちゃんたちにも会えました。 かわいいですね。
a0077294_1231275.jpg

シメは自家製リコッタのジェラート。 これも美味しい! これだけ食べにフィレンツェから来ても良いくらいです。
a0077294_1242253.jpg

トスカーナを訪れるご予定の方、フィレンツェからちょっと足を延ばして、ムジェッロ地方訪れてみませんか。 チーズティスティングは事前の予約が必要です。 現地手配のご希望、お問い合わせはどうぞこちらからどうぞ。
[PR]
by viaggi | 2013-03-30 01:26 | 視察・見学(15)
フラサッシ鍾乳洞@マルケ州
マルケ州視察の途中、アンコーナからしばらく内陸に行ったところ(約70キロ)にある「フラサッシ鍾乳洞」を訪れました。
a0077294_1916093.jpg

鍾乳洞の入り口までしばらく続く通路の脇をみると、高い岩山がそびえてます。 スゴイ山間に来ちゃったなー。
a0077294_19182511.jpg

正直言って、こんなところまで鍾乳洞を見に来なくても、日本にもあるわよ。。と思っていた気持ちは中に入ってみて一変! すごい規模に感動です。 
a0077294_19192951.jpg

通常は撮影禁止のところ、フラッシュなしでならと特別許可をもらって、写真を撮りましたので、お見せします。
a0077294_19203252.jpg

長い通路のなか、次々に現れる不思議なかたちの鍾乳洞に驚きつつ、進みます。
a0077294_19222059.jpg

短いコースで1時間ほど。 ちょっと歩き疲れますが、変化のあるライトアップの巧さと鍾乳洞のキレイさに飽きることはありません。
a0077294_19231343.jpg

外よりかなり涼しい鍾乳洞のなかはこれからの季節お勧めかも。 別世界を楽しめます。 もしマルケ州まで足を延ばされるご予定のある方はぜひ訪れてみてください♪ 

ちょっと面白いイタリア旅の計画のご相談はぜひこちらからどうぞ!
[PR]
by viaggi | 2009-07-02 19:25 | 視察・見学(15)
ランギラーノで発砲ワイン醸造元見学
先月北イタリアを訪れた際にパルマ近郊のランギラーノにて、丘陵地帯のワイン畑の真っ只中にあるワイナリーを訪ねました。
a0077294_16194353.jpg
 
まずはこの辺り独特の製法で作られる発砲ワインの製造過程の説明を聞きます。
a0077294_1621433.jpg
 
小さい製造場ですが、自前の葡萄でのみ、幾種類ものワインを作っています。 地元のランブルスコ種の葡萄は数年前から育て始めていて、来年から醸造にはいるそうです。
a0077294_16232032.jpg
 
説明の後はティスティング!
a0077294_16235193.jpg
 
オーナー自ら注いでくれます。
a0077294_162441100.jpg
 
やはり地元特産のサラミとの相性も抜群のワイン。
a0077294_162518100.jpg
 
これも地元産のパルミジャーノもたくさんだしてくれました。 
a0077294_16255690.jpg
 
全部で5種類のワインをティスティングさせてもらいましたが、特に印象に残ったのは、パッシート・ロッソ。 赤のデザートワインですが、微発砲しています。 生産量が少ないため、日本では手に入りにくいので、現地に行って飲むしかありません。 
北イタリア、パルマやボローニァ近郊を旅なさるご予定の方はちょっとワイナリーに寄ってみるのも楽しいかもしれませんね。 地元ならではのワインを味わいながらの旅の計画はこちらからご相談ください。
[PR]
by viaggi | 2008-05-30 16:29 | 視察・見学(15)
クレモナ郊外でトローネ工場見学
イタリア各地で名産のお菓子となっているトローネ。 今回は北イタリア、ロンバルディア州の
クレモナとマントヴァのちょうど間にあるトローネの工場訪問へでかけて、製作過程をみせてもらってきました。
a0077294_15364280.jpg
 
アーモンド粉、卵白、はちみつを練ったなかに、アーモンドの粒やドライフルーツを投入。
a0077294_1538229.jpg
 
練りあがったところで成型し、表面を飾るナッツをつけます。
a0077294_15424965.jpg
 
丸型トローネ完成。 
a0077294_15435850.jpg
  
カラフルなドライフルーツつきもあります。 
a0077294_15453842.jpg
 
社長みずから一緒に工場内を周って説明してくれました。
a0077294_15462693.jpg
 
ほかにも様々なナッツ菓子を製造しており、工場のすぐ脇にある直売所で、市価より少し安く買うこともできます。 ミラノから少し足を延ばしてクレモナなどの小都市を訪れながら、お菓子工場を訪れてみるのも楽しいかもしれません。 訪問は要予約となります。

イタリアのお菓子工房を訪ねる旅のご相談はぜひこちらからどうぞ!
[PR]
by viaggi | 2007-12-12 15:50 | 視察・見学(15)
モッツァレッラ工場の見学
南イタリア、カンパーニァ州のペスツムと周辺はモッツァレッラの産地として有名な地域です。 先週ペスツム郊外のモッツァレッラチーズの工場の見学に行ってきました。
a0077294_17304234.jpg

まず牛舎の見学です。 
a0077294_1734433.jpg

見かけと違って、穏やかで人懐っこい水牛。 
a0077294_17541922.jpg
 
いよいよモッツァレッラ作り見学。
a0077294_18175540.jpg
 
出来立てチーズの味見もさせてくれます。
a0077294_18294545.jpg
 
工場の敷地内には水牛のミルクで作ったヨーグルト、
a0077294_18302957.jpg
 
アイスクリームの売っているカフェも併設されています。 アイスクリームはなかなか美味しかったですよ。
a0077294_1834574.jpg

水牛ちゃんをみたあとに見るのはちょっと辛いのですが、水牛の革製品を作りだしたそうで、新しくお店ができていました。
a0077294_1836352.jpg
 
モッツァレッラチーズは容器を万全に用意しておけば、日本への持ち帰りも可能です。 このペスツムやカゼルタの辺りにもモッツァレッラ工場がたくさんあり、工程を見せてくれるところがあります。 ナポリやお近くにいらっしゃるご予定がおありの方は寄ってみてはいかがですか? 
[PR]
by viaggi | 2007-04-28 18:48 | 視察・見学(15)
ウンブリア州、パニカーレ村の刺繍教室
昨年の晩秋、中世の雰囲気が色濃く残る小さな村パニカーレを訪れました。 ウンブリア州とトスカーナ州の州境にあるこの村で訪れたのが、村立の刺繍学校。 ユニークなのが、こちらも村で所有している元教会の建物の2階を利用して教室を開いているところ。 1階部分は教会の祭壇そのままに、イベントやコンサートなどに利用されているそうです。
a0077294_18503799.jpg

教室がお休みの日でしたが、先生が施設を開けてみせてくれました。 右から2番目の方が教室の主宰者。
a0077294_1856836.jpg

1週間くらいの滞在からコースの設定があり、初心者から上級者までレベルに合わせて、先生が教えてくれるそうで、初心者でもがんばれば、1週間でこのくらいの作品を作り上げられるそう。
a0077294_18531159.jpg

先生が現在取り掛かっている作品を見せてくれました。 キレイです。 手芸関係は素人なので、よく分かりませんが、チュールの上に模様を刺していくタイプの刺繍のようです。
a0077294_1854192.jpg

教室内には、古い時代からの手工芸品を展示するコーナーもありました。
a0077294_18573594.jpg

毎日、終日開いている学校ではないので、見学、視察には事前に予約が必要となります。 コース参加をご希望の方には、英語や他言語の通訳の手配も可能です。 

SCUOLA COMUNALE DI RICAMO SU TULLE - PANICALE
Per Informazioni: Ufficio Comunale di Panicale
Phone: 075-837951

ノンビリ丘陵地帯の中世の町に滞在して、キレイな刺繍を習ってみるのも楽しいかもしれません。 ご興味がおありの方はぜひこちらからお問い合わせください。 
[PR]
by viaggi | 2007-01-16 19:13 | 視察・見学(15)
羊ミルクのチーズとチンタセネーゼ豚の生ハム工場見学
この秋にトスカーナとウンブリアの州境にある1軒の農家を訪れました。 
a0077294_16475887.jpg

住居兼事務所の建物から車で工場のほうへ向かう途中、放牧されているチンタセネーゼ豚、発見! 真ん中にちょっと黒い点があるのが、豚ちゃんです。 貴重種で飼育方法や餌も難しい豚だそうです。
a0077294_16503325.jpg

まずチーズ醸造の部屋をみせてもらいました。
a0077294_1652561.jpg

それからハム類の醸造部屋。 
a0077294_16532237.jpg

蹄をつけたまま生ハムを作るのがこの貴重種の豚の特徴とのこと。 チーズも生ハムも曜日や日によって、色々な作業工程の見学が可能だそうです。 
a0077294_16544036.jpg

工場からの帰り道、生まれたばかりの双子の子羊をみつけて車を止めました。 カワイイです。 双子は珍しいそうですよ。
a0077294_16571587.jpg

現在メインの建物近くにここで作ったチーズやハム、野菜を使ったお料理の食べられる施設をつくっているところで、来春には完成予定です。 トスカーナの田舎巡りを計画されていらっしゃる方はぜひ訪れてみてはいかがですか? トスカーナの食材巡りの旅の計画はぜひこちらから!
[PR]
by viaggi | 2006-12-24 17:01 | 視察・見学(15)
ヴィンサント蔵元見学
先週トスカーナへ視察へ出掛けた際に、デザートワイン、ヴィンサントの蔵元へ見学に行ってきました。 こちらは元タバコ工場跡の建物を利用したブドウを熟成、乾燥させる施設です。 
a0077294_171930100.jpg

天井じゅうにぶら下がっているブドウは圧巻です。 この部屋は白ブドウ。 手摘みしたブドウを陰干しさせて糖度を十分に上げてから作ります。
a0077294_17195916.jpg

こちらは赤ブドウ。 30~40メートルの長さの部屋に延々ブドウが繋がっています。 
a0077294_17203184.jpg

熟成の部屋。 通常小樽に入れられて、8,9年から10年以上熟成させるそうです。
a0077294_1721823.jpg

見学者用に樽のなかの様子がわかるように透けてライトがあたっているものもありました。
a0077294_17215648.jpg

最後に試飲できます。  
a0077294_17223683.jpg
 
同じくトスカーナ産のナッツ入りビスコッティを浸して食べると美味しいです。 トスカーナのワイナリー巡りをされる方は1軒ヴィンサントの蔵元も訪れてはいかがですか? 

トスカーナワイナリー巡りの旅のご相談はぜひこちらからどうぞ!
[PR]
by viaggi | 2006-11-27 17:39 | 視察・見学(15)