カテゴリ:お勧め料理・レストラン(7)( 9 )
イタリアジェラートたべあるき♪
みなさま長らくご無沙汰しておりました。 今年初めての更新になります。 今年もどうぞヨロシクお願いいたします! 先月今年初のイタリアでジェラートの食べ歩きをしてきましたので、ご報告いたします。 まずローマの空港到着時空港内にあるヴェンキのチョコレートジェラートを皮切りに、南イタリアのモッツァレッラ生産者さんが水牛のミルクで作る濃厚ジェラートを味わい、素材にこだわった斬新なティストがそろうローマのジェラテリア、ボローニャにある文句なしイタリア一のジェラテリアを訪れ、トリノのイータリー本店でも味見をし、最後にミラノの老舗高級食材店のジェラートもしっかりいただいてきました。 昔は甘味が強かったイタリアのジェラートも素材にこだわり、濃厚ながらサッパリとした味わいのものが増えてきました。 行くたび新たなお店を発見するのが最近の楽しみになっています。 みなさまもイタリアへいらしたらぜひ本場のジェラート味わってみてくださいね。
a0077294_14525298.jpg

今回の旅の目的のひとつにイタリアで年に1一度開催されるジェラートとお菓子の見本市にも行って、ジェラートとお菓子まみれになってきました。
a0077294_14541026.jpg

こんなジェラートづくしお菓子づくしの旅の手配はどうぞこちらからご依頼くださいませ♪ 
[PR]
by viaggi | 2014-02-07 14:58 | お勧め料理・レストラン(7)
セストリレヴァンテでペスト作り教室
ジェノヴァからチンクエテッレに南下する途中にあるセストリレヴァンテに滞在中、ペスト・ジェノヴェーゼ作りの講習会をしてくれるというので、参加してみることにしました。
a0077294_1524388.jpg

ひとりずつすり鉢と材料が用意されています。
a0077294_1532012.jpg

初めにニンニク、それから松の実をすりつぶして、
a0077294_1541014.jpg
 
そこへリグリア産バジルを投入。
a0077294_1543928.jpg

バジルをすりつぶすのは結構大変ですが、だんだん良い香りがしていて、頑張ろうという気になってきます。
a0077294_1551780.jpg

間にワインなんかも飲みながら気楽に楽しく。
a0077294_1554092.jpg

だいたい摺りあがってセンセイからOKをもらったら、パルミジャーノチーズを投入。
a0077294_156128.jpg

最後はあまりすりつぶさずささっと混ぜて、オリーブオイルを加えたら、完成です。 出来上がったペストはビンに入れてお持ち帰り~♪
a0077294_1565896.jpg

大事に冷やしながら持ち帰って家で作って食べたジェノヴェーゼは今まで食べたことのないようなサッパリして美味しいパスタになりました。
a0077294_1591755.jpg
 
数名の個人旅行のグループでもお料理講習は開催してくれるとのこと。 リグリアへの旅をご計画の際には本物のジェノヴェーゼ作りを体験してみませんか? ジェノヴェーゼ作りの旅のご用命はぜひこちらからどうぞ♪
[PR]
by viaggi | 2013-02-13 16:03 | お勧め料理・レストラン(7)
ピッツァ・マルゲリータ誕生120周年!
今や超有名店になってしまったナポリのピッツェリア「ブランディ」に行ってきました。 非常にナポリらしい通りにあります。
a0077294_20122124.jpg

少し来ないうちにちょっとキレイになったかな。
a0077294_2013980.jpg

何と言っても今年はピッツァ・マルゲリータ誕生120周年記念ですから。 「1889年、ピッツァ・マルゲリータ、ここに生まれる」記念タブレットも100周年のときに作られたものが壁にかかってます。 確か先月中頃このタブレットの前で盛大にお祝いをしているニュースをみました。
a0077294_20134316.jpg

さて、この「ブランディ」のマルゲリータはこんな感じです。
a0077294_20155356.jpg

ちょっと値上がりしましたが、テイクアウェイもできる気軽なピッツェリアです。 せっかくナポリに行ったら、ここで一度は食べなくっちゃね。 ナポリの町でピッツァの味比べツアーも楽しいですよ~。 南イタリアたべあるきの旅のご相談はぜひ、こちらからどうぞ♪
[PR]
by viaggi | 2009-07-23 20:19 | お勧め料理・レストラン(7)
マルケ名物、オリーヴェ・アスコラーナ
マルケ州に行ったとき、必ず前菜の一品としてでてくる揚げ物。 揚げ物好きのワタシとしてはとても嬉しいところですけれど、結構揚げ物好きの州とみました。 なかでも必ずと言っていいほど登場するのが、この後ろにある丸いもの、「オリーヴェ・アスコラーナ」です。
a0077294_124111.jpg

マルケ名産の大きなオリーブの実にお肉やハムなんかを詰め込んでころもをつけて揚げたものです。 割るとこんな感じ。 オリーブ栽培で有名なアスコリ・ピチェーノの名物ですが、今や州どこでも、あるいは他州でもおつまみとして出てくるほどの認知度です。
a0077294_1265482.jpg

今回珍しく白身魚ヴァージョンも食べました。 あっさりしていてお魚も美味しいですよ。
a0077294_1273978.jpg

マルケにいらしたら、ぜひ味わってみましょう。 アスコリ・ピチェーノでは、アスコラーナ作りを習うこともできます。 本場で自作のアスコラーナを食べるのも楽しいかもしれませんね。

州名物のお料理を味わったり、習ったりするイタリア旅の計画のご相談はぜひこちらへ♪
[PR]
by viaggi | 2009-07-03 12:10 | お勧め料理・レストラン(7)
カゼルタヴェッキアのレストラン
カゼルタの王宮を訪れた後、お昼のレストランを探しにカゼルタ・ヴェッキアへ向かいました。 カゼルタの起源となった中世の町へは丘の上をどんどん10キロちょっと上がったところにあります。 下の町の眺めも良くなってきました。
a0077294_2152521.jpg

カゼルタヴェッキアの町の入り口近くに何軒かのレストランがあったので、そのうちの庭の緑がきれいな1軒にはいってみました。
a0077294_216576.jpg

まずは前菜の盛り合わせ。 ズッキーニのフラン、南瓜の花の詰め物など結構凝っています。
a0077294_218459.jpg

ひとつひとつ味が違うフリットも美味しいです。
a0077294_2183042.jpg

それから出来たてのほうれん草のタルト。 
a0077294_2195263.jpg

パスタはトマトとリコッタチーズのシンプルなものを頼んでみましたが、なかなかの味でした。
a0077294_2111358.jpg

メインのお肉はサルシッチャ。 ソーセージというより、荒引き肉を叩いて固めたといった感じですが、香辛料も効いていてお肉の味も美味しいです。
a0077294_21193528.jpg

偶然見つけた美味しいレストランです。 カゼルタの近くを訪れる予定の方はぜひいらしてみてください。 お薦めです。  

RISTORANTE GLI SCACCHI - CASERTAVECCHIA
PHONE:0823-371086

カンパーニァ州で美味しいものを食べ歩く旅のご相談はぜひこちらからどうぞ!

  
[PR]
by viaggi | 2006-09-19 21:25 | お勧め料理・レストラン(7)
オスティア・アンティーカの新しいレストラン
先日ご紹介したオスティアにあるちょっと変わったホテル。 そこのホテルが今月半ばにオープンしたてのレストランの写真を送ってきてくれたのでちょっとご紹介します。 客室はオスティア・アンティーカの城壁内と、車ですこし行ったところにある別棟がありますが、この別棟の何棟か建っている建物のひとつを今回レストランに改造。 以前は定期的にオープンするレストランが無く、リクエストで此処のアデレ・オバーサンに作ってもらっていましたが、今度はちゃんとしたレストランになったようです。 
a0077294_10174543.jpg

メニューはラツィオ料理、お肉もお魚もありますが、やっぱりオスティアの港で捕れたお魚がお勧めですね。 この前はその日に捕れたお魚でアクアパッツァを作ってくれました。
a0077294_10183419.jpg

以前料理教室を開いてもらったときに、外でピッツァも焼いてもらいました。 新しいレストランのメニューにはピッツァも沢山の種類があるようです。
a0077294_1022355.jpg

お料理講習をしてくれるアデレさん。 一昨年訪れた時は元気にお料理を作ってくれましたが、今秋行くときもまたお願いしたいと思っています。
a0077294_1023209.jpg

前回のお料理講習で出来上がったイカスミと貝のパスタ。 
a0077294_10235632.jpg

こちらの別棟側の敷地の畑のなかには古代遺跡のモザイクのかけらがガラクタに混ざってたまに落ちているので、探してみるのも面白いかもしれません。 
ローマのフィウミチーノ空港からも車で15分ほど。 オスティアの海からも10分、15分程度です。 時期にはもちろん海水浴、それから釣りなんかも楽しめます。  
a0077294_1048658.jpg

ローマをお通りの際にはちょっと足を伸ばして寄ってみてはいかがですか?  今秋に訪れましたらまた続報をお伝えします。 
オスティアを訪れる旅のご相談はぜひこちらからどうぞ!
[PR]
by viaggi | 2006-08-28 10:57 | お勧め料理・レストラン(7)
ローマのカフェ・グレコ
ローマを訪れるときは大抵有名なスペイン広場とその前のコンドッティ通りに必ず行きますね。 高級ブランド店いっぱいの通りです。 その通りにあるカフェ・グレコ。 今日はこの歴史ある有名なカフェの紹介をします。
ローマにはマルグッタ通りを中心に昔から芸術家が沢山集まっていて、その中には外国からの留学生も多く、彼等の殆どはお金に困っていてその日の食べるものも無い状態。 そんな貧乏学生達に「出世払いでいいよ。」と飲食代を無料にしてやったり、まけてやったりしていたのが、このカフェ・グレコの何代か前の親爺。 やがて勉強の期間が過ぎて留学生達が故郷に帰る時、せめてものお礼にと自作の絵画や彫刻を親爺に贈り、親爺はその贈り物を学生たちへの思い出として大事に保管していたましたが、そのうちその貧乏学生たちは有名になり、貰った絵や彫刻の価値もあがって、一財産になってしまったといいます。 そんな逸話からか、今やカフェ・グレコは世界的に有名のお店になり、沢山のお客が集まってくるようになりました。 最近は昔はなかったと思われるカフェ・フレッド(アイスコーヒー)なんていうものもあります。 
a0077294_2071862.jpg

もし訪れるなら、ただ店先での立ち飲みではなく、奥にある古き良き時代を思わせる席に坐り、壁に掛かっている絵を眺めて、作者が貧乏だった頃、そして店もお粗末だった頃の親爺と学生を偲びながらゆっくりコーヒーを味わってみてはいかがですか? 
ローマの昔を偲んだりする旅のご相談はぜひこちらからどうぞ。
[PR]
by viaggi | 2006-08-19 20:18 | お勧め料理・レストラン(7)
白い街オストゥーニのレストラン
この白い山のような町オストゥーニは、イタリアの踵部分プーリア州にあります。 州都のバーリから車で約1時間。 小高い丘の上の町の向こうにはずっと続くオリーブの林、そのさらに先にはアドリア海も望めます。 
a0077294_16155244.jpg

お料理が美味しいプーリア州なので、楽しみに街中にあるレストラン「オステリア・デル・テンポ・ペルソ」に行ってみました。
a0077294_16265087.jpg

まず前菜でお魚のすり身のアゲモノと 
a0077294_1625174.jpg

それから乾燥ソラマメのピューレと野菜。 プーリア人はこのソラマメピューレをよく食べます。
a0077294_16255066.jpg

パスタはもちろんオレキエッテ。 プーリアの名物です。  
a0077294_16242865.jpg

それからほうれん草パスタで作ったラヴィオリ。
a0077294_16244611.jpg

海の幸とズッキーニの花のパスタ。  海も近いので魚介類も新鮮で美味しいです。
a0077294_1625154.jpg

デザートは果物。 ちょうどシーズンだった西瓜とさくらんぼがでてきました。   
a0077294_1626975.jpg

アッサリ果物でしめたつもりが、どうしてもお店自家製のこれを!といって出してくれたのが、リコッタのタルト。 お薦めだけあって、お腹いっぱいにも関わらず、美味しく食べてしまいました。
a0077294_16262696.jpg

お店のスタッフがお腹の空き具合にあわせて、様子を見ながら注文をとってくれるので、フルコースでもいけますし、食べ物の誘惑に負けなければ軽くも食べられます。 
プーリアへお出かけのご予定がありましたらぜひ訪れてみてはいかがですか?
夜しか空いていないので、オストゥーニか近郊へお泊りになることをお奨めします。

OSTERIA DEL TEMPO PERSO - OSTUNI, PUGLIA
http://www.osteriadeltempoperso.com/

美味しいものを食べるイタリアの旅のご相談はぜひこちらからどうぞ。
[PR]
by viaggi | 2006-08-15 16:57 | お勧め料理・レストラン(7)
ヴェネツィア、ダニエリのテラスレストラン
水の都ヴェネツィア。  訪れた時にお天気が良かったら、ランチにお薦めなのが、ホテル・ダニエリの最上階にあるテラスレストランです。 
a0077294_19593787.jpg

まずは前菜。 いろいろメニューもありますが、この日は野菜を沢山食べたかったので、ブッフェにしました。 
a0077294_2002490.jpg

メインはいつも注文する魚介類のフリットです。
a0077294_20101.jpg

それから珍しいメニューがあったので、頼んでみました。 チキン・カレー。 ダニエリで作るとこんな感じです。 
a0077294_20111219.jpg

さっぱりレモン・シャーベット。
a0077294_201155.jpg

もちろんこのホテルに泊まって此処のレストランで朝食も素敵ですが、お昼時の下の喧騒を横目に優雅なランチもなかなかです。 
a0077294_2013149.jpg

ヴェネツィアを訪れるご予定の方は是非行ってみてはいかがですか? ランチは意外と空いていて、地元のヒトがちらほらといった感じでしたが、念のため予約をいれて出かけた方が良いでしょう。 
ヴェネツィアで美味しいものを食べる旅のご相談はぜひこちらまでどうぞ! 
[PR]
by viaggi | 2006-08-11 20:14 | お勧め料理・レストラン(7)