カテゴリ:交通機関案内(2)( 2 )
アリタリア航空マニフィカクラスのご紹介
昨年から新しいシートに変わったアリタリア航空のマニフィカクラス、日本発着便の全便が新しいシートの座席に変わりました。(機材変更による急な変更の可能性もあります。) 
座席配列はゆとりのある1-2-1、フルフラットベットになるフルリクライニングシートが設置されています。
a0077294_13341426.jpg

特筆すべきは2010年から3年連続で、アメリカの旅行誌グローバルトラベラーの読者リサーチによる調査で「ベストエアラインキュイジーヌ賞」を受賞した機内食。 前菜から始まって、プリモ(パスタ)2種、セコンド(メイン料理)2種からそれぞれ選択し、ドルチェにカフェと続くフルコースメニューです。 3箇月に一度変わるメニューはイタリア各州の特産品を使った郷土料理をもとに、世界的に有名なイタリア料理学校ALMA(有名シェフ、マルケージ校長のもと、世界各国から集まるシェフやパティシエのプロを養成する機関)が協力し、考案されたものです。 
a0077294_1334379.jpg

それぞれのお料理に合わせた厳選されたワインと合わせて、ゆったりと食事が楽しめます。
a0077294_13342532.jpg

食事の後は大きなスクリーン(15.4インチ)の個人用TVでさまざまなオンデマンドプログラムを楽しんだり、フルフラットまで座席を倒しゆっくり休んだりしていると、ローマあるいはミラノまではあっという間です。 長いフライト時間の後の疲れはまったく違いますので、ぜひ一度お試しください。 時期によってはかなりお得な運賃、またイタリア各地のホテル滞在と合わせたパッケージツアーのご用意もございますので、ご旅行計画のさいにはぜひお問い合わせくださいませ。 ご出発ご希望日、ご滞在ご希望地と宿泊日数をこちらのフォームよりお知らせいただけましたらご料金およびご提案をお送りさせていただきます。
[PR]
by viaggi | 2013-01-28 14:40 | 交通機関案内(2)
イタリア国鉄の切符自販機
イタリアで列車旅行をするとき、まず困るのは切符の手配。 予めしっかり予定が決まっていれば、先に買っておきますが、当日まで予定が決まらないこともあります。 以前は切符の購入窓口の前は長蛇の列で、いつになったら切符が買えるのか分からないこともありましたが、最近はこんな便利なものができました。 暫く前からあり、機能していないことが多いように思われていましたが、最近は使えるモノになったようで、機械オンチのイタリア人も使っている様子がみられます。
a0077294_2082980.jpg
 
まずは語学選択を英語にして、Ticket Issue (切符発券)のボタンに触れます。
a0077294_2085098.jpg

次は出発駅、到着駅を選び、日付も選んで、 
a0077294_209975.jpg

希望の列車を選び、金額が表示されたら、お金をいれて、無事購入。 
a0077294_2092984.jpg
 
あとは出発列車の掲示表(ソラーリのパタパタまわって地名や時間が表示される掲示板です)で、番線を確認したら、列車へ! 
a0077294_2010546.jpg
 
最近は驚くことに定刻に出発する列車も多くなってきました。 それでも、番線は列車到着の間際でなければ分かりません。 ここがなかなかのスリルですが、番線が決まったと同時に走るイタリア人に混ざって走るのも、電車に間に合ったときは達成感があってなかなか楽しいものです。 プラットフォームと列車のあいだに3、4段の段差があるので、大荷物の方はちょっと大変ですが、がんばってくださいね。  列車で巡るイタリアの旅のご相談もどうぞこちらから! 予め日程詳細がお決まりの方へはイタリア国内や国際列車、寝台列車などの切符手配も可能です。
[PR]
by viaggi | 2007-02-26 20:26 | 交通機関案内(2)