アリタリア航空マニフィカクラスのご紹介
昨年から新しいシートに変わったアリタリア航空のマニフィカクラス、日本発着便の全便が新しいシートの座席に変わりました。(機材変更による急な変更の可能性もあります。) 
座席配列はゆとりのある1-2-1、フルフラットベットになるフルリクライニングシートが設置されています。
a0077294_13341426.jpg

特筆すべきは2010年から3年連続で、アメリカの旅行誌グローバルトラベラーの読者リサーチによる調査で「ベストエアラインキュイジーヌ賞」を受賞した機内食。 前菜から始まって、プリモ(パスタ)2種、セコンド(メイン料理)2種からそれぞれ選択し、ドルチェにカフェと続くフルコースメニューです。 3箇月に一度変わるメニューはイタリア各州の特産品を使った郷土料理をもとに、世界的に有名なイタリア料理学校ALMA(有名シェフ、マルケージ校長のもと、世界各国から集まるシェフやパティシエのプロを養成する機関)が協力し、考案されたものです。 
a0077294_1334379.jpg

それぞれのお料理に合わせた厳選されたワインと合わせて、ゆったりと食事が楽しめます。
a0077294_13342532.jpg

食事の後は大きなスクリーン(15.4インチ)の個人用TVでさまざまなオンデマンドプログラムを楽しんだり、フルフラットまで座席を倒しゆっくり休んだりしていると、ローマあるいはミラノまではあっという間です。 長いフライト時間の後の疲れはまったく違いますので、ぜひ一度お試しください。 時期によってはかなりお得な運賃、またイタリア各地のホテル滞在と合わせたパッケージツアーのご用意もございますので、ご旅行計画のさいにはぜひお問い合わせくださいませ。 ご出発ご希望日、ご滞在ご希望地と宿泊日数をこちらのフォームよりお知らせいただけましたらご料金およびご提案をお送りさせていただきます。
[PR]
by viaggi | 2013-01-28 14:40 | 交通機関案内(2)
<< トレヴィの泉修復工事情報 本場のボロニェーゼソース&パス... >>